ネット買取の方が高価買取になる3つの理由

インターネット上で古本等の売買を行っているお店があります。宅配便で商品を送って金額を査定してもらい、納得したら売るというシステムなのですが、この場合配送料がかかる分、実店舗よりも安く買いたたかれそうな気がしますが、実際には実店舗よりも高く買い取ってくれるところが多いのだそうです。それはなぜでしょうか

 

コストが安い

諸経費や人件費、土地代が抑えられるため

実店舗では、お客さんが本を見やすいように店内を明るくしておかなくてはいけませんし、従業員も常に数人配置しなくてはいけません。ネットショップならそんなコストは必要ありません。レイアウトもお客さんが本を手に取りやすいようにしなくてはいけませんが、ネットショップならそのような気遣いは不要なので、土地も有効活用できます。

 

宅配料はかかりますが、それを補って余りあるほどコストを削減できるのがネットショップなのです。

 

規模が大きい

顧客は日本全国

実店舗の場合、そこを利用するのはその近辺に住んでいる人に限られます。ですから、商品の循環も悪く、それで儲けを出すためには商品を安く仕入れなくてはいけません。そのため、すぐに売れるであろう人気商品以外はあまり高く買い取ることができません。

 

その点、ネットショップなら全国の人が顧客になることができます。東京の人も山口の人も、北海道の人もそのお店を利用します。その分、大規模な商売を行うことができ、高めに仕入れてもその商品を全国の人が買ってくれるのです。

 

専門家が査定してくれる

商品の価値や状態を適切に査定してもらえる

実店舗に売りたいものを持ち込んだ場合、その商品を査定するのはアルバイトの店員であることがほとんどです。その商品の真の価値を知らずにマニュアル通りの査定をするので、希少価値があったり人気があったりする商品も他の商品と同じように査定されてしまうのです。

 

しかし、ネットショップでは査定の専門家が対応してくれることが多いので、その商品の価値や状態を適切に判断して査定を行ってくれます。特に、漫画やゲームは査定の仕方で買取価格が全く違ってきますので、価値のわかる人に査定してもらった方がいいのです。

 

まとめ

このように、コストダウンと的確な査定に自信を持っているいるので、ネットショップへの宅配の送料は無料のところが多く、査定金額に納得できなかった時の返送料すら無料のところもあります。

 

ネットショップの方が高く買い取ってくれる理由がお分かりになったでしょうか。いずれも納得できる理由なので、対面して買取をするわけではありませんが安心してお願いできそうですね。