売れない本や漫画ってどんなもの?【知らないと無駄な出費も】

ネット宅配での本や漫画買取について、様々なサイトがありますが、これらのサイト(業者)でも買取が出来ない商品というものがあります。そのため、必ず送る前に、ぜひ1度確認してみましょう。

買取不可の商品にもかかわらず送ってしまうと、場合によっては、返送されるだけでなく返送料を支払わなければならなくなります。

 

商品の価値的な問題

汚れや傷がひどいもの

まず、あまりに汚れや傷がひどいものは、減点対象となるだけでなく、買い取ってもらえなくなるケースがあります。
これについては自分で見分けにくいにで、迷ったら送っても問題ありません
しかし、一般的に考えて、あまりに酷い状態の本は、売れない・値がつかない・買い取ってもらえない、と考えておくべきでしょう。

 

旧版や非売品

また、旧版などで、現在出版されている本と同タイトルで内容が異なるものも減額の対象となる場合があります。
また、そもそも非売品など値段がない商品は、買取が難しいケースがほとんどです。

 

法的な問題

同作品を複数買取、レンタル商品は買取NG

多くの業者では、万引き商品の転売を防止するために、未開封品や同タイトル商品が大量に送られてきた場合には買取を断ることが多いようです。

 

また、レンタルのマークがついている商品なども同様です。

 

アダルト作品の買取も対応していない業者が多いので売る際には確認しておきましょう。

 

他にも…

週刊誌や新聞などの定期刊行物は、買取不可の場合が多いです。

しかし、専門誌などでは高額買取の対象となる場合もあります。

 

また、コンビニで販売されているコミック本はほとんど値がつきません。

 

学校の教科書も対象外です。

 

パソコン用ソフトを扱っている業者では、ライセンスが発行済みであったり、サンプル品であったりするものは売れませんので送るのはやめましょう。

 

まとめ

このような買取不可の商品を送ると、返送料を負担しなければならなくなるおそれがありますので、送る前に確認しておきましょう。